歯の形をきれいにしたい

見出し

ちょっとした形の不調和で損をしている方を見かける事がよくあります。その人にとって、よりバランスのとれた歯の形を創り出す事は色々な形で幸福をもたらすことでしょう。

審美的に機能的に調和する歯の形を創り出す方法として以下の手段があります。
歯の形をきれいにしたい

ラミネートベニア

歯の表面を少し削り(削らない場合もある)、歯の表面にセラミックスなどで出来たシェル状の人工のエナメル質を接着させる治療法です。
輝く自然なエナメル質を回復することで、形や色や隙間を修正する事ができ美しい口元を演出します。
  • 歯の一部が欠けたり摩り減って形が見苦しい部分の回復
  • 歯の隙間(すきっ歯)の改善
  • 本来の歯より小さい歯(矮小歯)の改善
  • 傾いた歯や捻じれた歯の修正
  • 歯の表面の凸凹や詰め物があり歯の表面が均一でないものの改善
  • 軽度の歯並びの修正
  • 変色歯の改善
  • 治療回数も少なく(通常2回)、歯を最小限しか削らない。
ラミネートベニアの例

クラウン

歯の表面(全面)を削り、セラミックスやハイブリット素材の冠(クラウン)を接着し歯の形態、色調、機能を再現する治療法です。
PFMクラウン(メタルボンドセラミックスクラウン)
セラミックスと金属を高温で結合させたクラウンで、審美性とメタルの強度を兼ね備えた信頼性の高い修復方法です。
PFMクラウンの例
オールセラミックスクラウン
ベースに金属を使わないため、天然歯に近い色調と光の透過性再現でき、透明感のある自然な歯を表現できます。生体親和性が高く金属アレルギーの心配がありません。
オールセラミックスクラウンの例
ハイブリットコンポジットクラウン
高分子化合物の樹脂を材料とするクラウンで、近年飛躍的に物性が向上し審美性と生体親和性を持ち合わせているものとしてセラミックスに代るものとして普及してきています。

ダイレクトボンディング

コンポジットレジン樹脂を直接歯に接着し審美的機能的形態を作り上げる方法です。
応用範囲が広く、症例によっては比較的リーズナブルな料金で美しい歯に修復出来ます。しかし、すべての作業をお口の中で行うために、広範囲の治療となるとラミネートベニアーに比べ難易度が高くなる。
  • 歯の一部が欠けたり摩り減って形が見苦しい部分の回復
  • 歯の隙間(すきっ歯)の改善
  • 本来の歯より小さい歯(矮小歯)の改善
  • 傾いた歯や捻じれた歯の修正
  • 歯の表面の凸凹や詰め物があり歯の表面が均一でないものの改善
  • 軽度の歯並びの修正
  • 変色歯の改善
ダイレクトボンディングの例

カンタリング(審美的輪郭形成)

損傷した歯の形態の乱れや天然歯の形態的不均衡に対して、エナメル質の範囲内で歯を削り調和のとれた審美的で機能的な形態に歯を整える方法です。
  • 視覚的にバランスが取れていない場合、歯の尖った角や面を修正研磨する事で、歯に個性と調和をもたらします。
  • 男性らしい歯を表現したい場合、平坦で角の張った形態に整えます。
  • 女性らしい歯を表現したい場合、丸みのある柔らかいラインに形を整えます。
トリミング(IPR)&カンタリング

ポーセレンインレー

歯の一部を人工材料でつめる方法です。
ポーセレンインレーの例
平成22年6月1日現在