日本歯科審美学会
MTM治療について

MTM治療のQ&A

 > 

具体的な治療方法について

挺出・牽引の固定源

埋伏歯や破折歯の歯根牽引には、どのような装置が適していますか。
マルチブラケット装置の適用ですが、歯冠が存在せずテンポラリーの補綴治療も困難な場合には、ポスト形成後に牽引フックなどを歯根に合着して牽引する方法があります。この場合の固定源は両側の隣接歯が考えられますが、強固な固定を必要とする場合や、咬合に干渉する場合などはリンガルアーチを適用が考えられます。
クリックで拡大します
close