歯科審美
第 31 巻 第 1 号 平成 30 年 9 月
目次
巻頭言
副理事長 日野 年澄
臨床:症例報告
上顎小臼歯部にインプラントを埋入し,審美的に咬合回復を行った症例
大前 正範
1—1
矯正歯科治療と補綴歯科治療により審美性を改善したAngle ClassⅢ症例
川里 邦夫
6—6
上顎6前歯の色調の連続性を考慮しシェードを決定したオールセラミッククラウンの症例
吉田 大徹
12—12
矯正歯科治療中の多発性急性う蝕に対しMIコンセプトに基づき審美的に対応した症例
掘江 卓
17—17
特   集
<審美歯科治療における歯科衛生士の業務>
「審美歯科治療における歯科衛生士の業務」の特集について
新海 航一
23—23
審美歯科治療におけるアシスタントワーク:接着歯学を例にして
安田 登
24—24
入門用の口腔内写真撮影システム
佐藤 裕二
28—28
ホワイトニングコーディネーターの臨床における役割
石川 明子
31—31
庶務報告
35—35
認定医・認定士委員会報告
37—37
名誉会員・役員
38—38
会務および各種委員会組織
39-39
認定医・認定士
40-40
会計報告
41-41
定款
45-45
認定医制度規則
53-53
認定医制度施行細則
55-55
認定士制度規則
58-58
認定士制度施行細則
60-60
表彰制度規則
61-61
表彰制度施行細則
63-63
倫理規程
64-64
会員行動規範
66-66
会員行動規範に基づく小委員会による倫理調査に関する細則
68-68
利益相反(COI)に関する指針
69-69
利益相反(COI)に関する指針の細則
71-71
投稿規定
75-75
日本歯科審美学会学術大会『事後抄録』原稿の記載ならびに提出要領
79-79
編集後記
80-80